一般社団法人 首都圏地域医療連携パス協会 一般社団法人 首都圏地域医療連携パス協会
TOPへ戻る
会長挨拶
理事長挨拶
役員一覧
会員一覧
協会定款

〜平成24年4月発足を目指して〜
一般社団法人首都圏地域医療連携パス協会ご案内


会長・理事:谷 修一(国際医療福祉大学 名誉学長)

地域医療連携パスは切れ目のない医療を患者に提供するため、疾病別に複数の医療機関や施設にまたがって作成する一連の診療計画です。これによって転院しても医療の中断もなく、急性期病院から回復期病院を経て在宅までの継続的な医療の提供が期待されています。

地域医療連携パスは、みんなで共通して一人の患者の情報を共有していく取組であり、これは医療機関の間での、あるいはごく近い将来の医療と介護の間での共通の言語をつくる意味でも重要です。どの施設でも同じ病気なら同じパスを利用できるようになれば、更に連携も進み医療を受ける患者の皆さんのためにも有効だと考えております。

現在、「首都圏地域医療連携パス協会」を一般社団法人として設立する準備をすすめておりますが、パスを共通なものにするとともに、その利用も含めた統一的な運用を目指して努力していくつもりですので、多くの方々にご参加いただきますよう関係の皆さまのご理解とご支援ご協力をお願い申し上げます。



Copyright(C) 一般社団法人 首都圏地域医療連携パス協会. All rights reserved.